役員紹介 | OFFICER

取締役 小林充

個別指導塾ノーバスは、生徒1人ひとりにとって「オンリーワン」であることを目指しています。
どれだけ有名校に合格させるかではなく、生徒1人ひとりの目標と目的に合わせて、その実現をサポートすること。
そのために、規模や教室数、広告による知名度などではなく、例えば「教え方」や「講師の質」、「塾長のサポート」など、教育サービスの根源である、 より生徒に近い部分のサービスにおいて一番のものを提供したいと考えます。
生徒や保護者の目線に立ち、何ができるかを考え、そこに向かって努めることにより 得られる評価や実績を通して、 個別指導塾ノーバスは今後も成長していきます。

取締役 松尾昭人

平成25年11月より講師紹介事業を立ち上げました。
ノーバスでは毎日多くの講師希望者が登録しておりますが、全ての登録者に紹介先を提供できる訳ではございません。
そこで、登録して頂いた方々に少しでも講師として活躍頂きたく塾への派遣をサービスを開始する運びとなりました。
講師、塾の皆様に喜んでもらえるよう取り組んで参りたいと思います。

取締役 長谷川博

私は学生時代、ご家庭にお伺い1人ひとりの生徒さんの学習に関するカウンセリングを行うという仕事をしておりました。
4年間でのべ1000名以上の生徒さんを担当しましたが、そのほとんどが、自分の中に眠っている可能性や能力に気付かない・発揮できない状況にありました。
「どうせやってもできない。」と思い込んでいても、カウンセリングを通して「なぜできていないのか」「わかると楽しいこと」を伝えることで、 学習に対する姿勢が前向きに変わり、驚くほどの学習効果がでる生徒さんも多くいました。
その経験から「キッカケさえあれば、できない生徒はいない。」と確信しました。
「すべての生徒さんの人生を変えるような時間を提供すること」 それが私たちの使命だと考えています。
これからも、その「キッカケ」作りを通して、より多くの生徒さんのサポートができるよう努めてまいります。

株式会社シンクル代表取締役 小森

インターネットを使った商業活動が一般化した昨今、 本来であれば回線がつながっているどこまでも、誰にでも 様々な情報を発信することができるはずです。
しかし、商業化したインターネットは 誰かの目にとまるために、何かを伝えるために、多額のお金を積まなければ それもままならなくなってきています。
今日本にある様々な中小企業の皆様が培ってきた技術やサービスを 世の中に広げるために、私たちには何ができるのか。
シンクルはインターネットとデザイン、この2つを駆使し「考えること」を起点として、様々なサービスを展開します。